治験コーディネーター(CRC)と臨床管理モニター(CRA)の違い

治験コーディネーターと臨床管理モニターにはかなりの違いがある

看護師資格を生かして治験業界へ転職するのならば、治験コーディネーター(CRC)と臨床開発モニター(CRA)と二つの選択肢があります。

 

臨床開発モニター(CRA)と治験コーディネーター(CRC)はどちらも新薬の開発に関わる仕事です。
治験に関わるデータの収集と分析をすることが役割ですが、実際の立場が異なってきます。

 

臨床開発モニターは製薬会社に所属し、治験を依頼する側の立場となります。
製薬会社が依頼した治験がきちんとした手順で正しく行われているかどうかをチェックし、データの確認や回収、報告書の作成などを行います。

 

治験コーディネーターは医療機関側で、治験を引き受ける側の立場となります。
医師の指示のもと、データの集計などを行います。被験者に治験の目的についての説明をしたり、体調の変化をみたりと直接かかわっていくことになります。

 

どちらの仕事も、看護師資格があれば未経験でも採用してくれることが多いです。
そもそも経験者がかなり少ない業界なので、未経験者を採用し、かなりしっかりとした研修を行い育てるという方針のところが多いです。
患者と接する経験を積んできた看護師としては、治験コーディネーターの仕事のほうが、医師や被験者とのコミュニケーションを取るという点で、今までの経験を生かせてなじみやすい仕事と感じるかもしれません。

 

 

臨床開発モニターと治験コーディネーターの勤務状況

次に、臨床開発モニター(CRA)と治験コーディネーター(CRC)の勤務状況を比較してみましょう。

 

臨床開発モニターの男女比は5:5か少し女性が多い程度のところが多いようです。
本社は東京などの都市部にあり、各地にある病院へと向かうための出張が多く、プロジェクトの進行度合いによっては残業も多めになるときがあるようですが、仕事時間を比較的自由に管理しやすいといえます。

 

治験コーディネーターは男女比3:7くらいで、女性が多く働いています。
会社は全国いろいろな箇所にあるので、勤務時間中は病院へ出向いて診察に立ち会ったりすることが多いですが、遠方へ出張となることはありません。
残業もそれほど多くなく、子育て中の人でも働きやすい環境になっていて人気があります。また、産休や育休の取得実績も高めの企業が多いようです。

 

治験業界の求人を探したいなら、やはり看護師の転職サービスを利用するのが良いでしょう。

 

登録することで紹介してもらえる非公開求人のほうが好条件のものが多いというのももちろんなのですが、未経験で応募する方が圧倒的に多いと思いますので、治験について知っていることが少なすぎるためです。

 

自分の中に知識がなければ、どんな求人が良いのかの判断もつきませんので、しっかりと知識のあるコンサルタントに依頼するほうが良いです。
また、もう一つの利点として応募書類の作成や面接対策についてアドバイスがもらえるということです。

 

治験業界への転職を希望する人は増えてきていますが、看護師が病院へ入職するのとはわけが違って、実は不採用になるケースも多いです。
その理由として多いのが、業界や業務内容に対する知識・理解の不足であったり、基本的なビジネスマナーの欠如であったりします。

 

しっかりと事前に対策を行っていく必要があるので、コンサルタントの力を借りないとかなり難しいと言えるでしょう。

 

治験業界に強い看護師転職サービスはマイナビ看護師です。
未経験の人向けに治験業界セミナーや説明会なども積極的に行っているので参加してみるのもいいと思います。

 

マイナビ看護師の詳細はこちら